手を取る人と電卓を叩く人

関連記事リスト

車椅子の人

2つの要素で決まる

障害年金は、一定の障害の状態になったときに受けることができます。その受取額は、障害の状態と加入制度の2つの要素によって決まります。もちろん障害の状態が重ければ、受取額も多くなります。

2つの要件

障害年金について詳しく知っている人は少ないため、活用している人も少ないです。しかし、上手に活用することで、経済的負担を減少させることができ、治療に専念することができるのです。障害年金はあまり身近ではないのですが、条件を満たせば誰でも利用することができます。障害年金を受け取ることができる要件は、保険料を納付していること、障害等級に該当することの2つです。障害等級とは、障害がどれぐらいの状態なのかを示すものです。国は障害の状態を3段階でランク付けしています。この該当しているかどうかが、受給のポイントとなります。また、該当している場合、そのランクによっても受給できる金額は変わってきます。

障害等級が決まっている障害の状態は色々あります。腎疾患の病気の場合、人工透析をしている人は障害等級2級に該当します。心臓ペースメーカーや人工弁を装着している人は障害等級3級に該当します。喉頭全摘出術を多ない、言語機能を無くした場合は2級に該当します。このような障害状態に当てはまる場合は、障害年金を受けられます。また、診断書の内容によっては、決められている等級以上の障害等級になることもあります。障害者の生活は、治療費や入院費などがかかるので経済的負担が大きいものです。そこで障害年金を活用することで、その負担を少なくすることができます。煩わしい書類作成を行ってくれるサービスもあるので、そのような情報をチェックしておくと良いでしょう。

関連記事リスト

案内する男性

手順を踏む

障害年金を請求する際は、まず初診日の確認をすることが大切です。1番最初に初診日の確認を行ない、それから納付要件の確認をすると良いでしょう。順序を踏んで進めていくことが大切です。

家族

知っておくべき注意点

障害年金を上手に活用すれば、経済的負担を減らすことができますが、注意点を把握しておかないと、年金がもらえなくなることもあります。治療に専念するためにも、障害年金をしっかりと受給しましょう。

車椅子の男性と女性

精神の障害も同じ

障害年金の条件となる障害の判断の基準は、主観的な部分があります。そのため、どのようなケガや病気でも請求をしてみないと認定されるかどうかわからないのです。精神的な病気でも受給できるケースもあります。

杖を衝く手

変わる金額

障害年金を受け取るなら、誰もが高い金額を受け取りたいと思うものです。金額は様々な要素によって変わりますが、病院に行く時期によっても変わるので、把握しておいた方が良いです。